Ferretアクセス解析
_
お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

本日から業務を開始される方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。
休暇はいかがお過ごしでしたか?

私の方は、昨年生まれたばかりのムスメの世話をし、
楽しい休暇を過ごすことができました。

普段は平日は昼間に遊んだりできませんからね。


さて、
弁理士試験の受験生の方でまた本腰でない方は、
ぼちぼち本腰で勉強を開始する時期ですね。

論文答練も本格的に開始されますので、
乗り遅れないようにご注意くださいね!

スポンサーサイト

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

弊サイトでは昨日更新して記事にしましたが、
特許庁でも平成21年度弁理士試験統計が更新されました。

平成21年度弁理士試験統計を更新しました。

念のために確認してみましたが、特に昨日の内容に誤りはないようですね。

弁理士試験の統計の、複数年の情報をまとめてご覧になりたい方は
 ↓こちらへ
 ~平成21年弁理士試験統計まとめ


↓弁理士ブログのランキングです。
 弊サイトは10位以内に入ったり出たり、微妙な位置です(笑)
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始について

環境関連の「グリーン技術」についても
早期審査・早期審理を行っていくんですね。

「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始について

これは、

--------------
「グリーン技術」に関する研究開発の成果をいち早く保護し、
更なる研究開発の促進を図る
※特許庁より引用
--------------

との趣旨があるそうで、よいことだと思います。

日本の小型化、省エネ、低排気などの
環境関連技術は他国に比べて優れているのではないかと思っています。


ただ、単に早期に特許権が獲得できるだけで、
そんなに大きなメリットがあるのでしょうか。

日本で特許訴訟を仕掛けて勝訴したとしても大した利益を得られないし、
そもそも海外他社に対して競争力を持つために特許が必要なのであって、
日本でだけ特許を持っていても、
あくまで日本の市場でしか力を持ちません。

かと言って、海外の知財制度を変えることはできませんから、
日本でも特許権の効力を強くする制度が必要なのでしょうか。


ただ、下手すると、
アメリカのように、いわゆるパテントトロールさんが出てくるので、
特に大企業としてはあまり特許権の効力を強くしたくないでしょうね。


日本が将来的に世界で競争力を持つためにはどうすればよいのか、
そもそも特許制度で日本の競争力を高めることが可能なのか、
そして私はそのために何ができるのか、
難しい問題です。。


↓ブログランキングです!
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

プロフィール 弁理士:littleic

ようこそ、littleicです。
私は、某メーカーの開発を経て
2003年に知財特許)の世界に入り、
2004年に弁理士試験に合格し、登録しました。
2008年に特許事務所に転職し、今に至ります。

このブログでは、
知財実務をされている方
弁理士試験の受験生の方
知財実務をやりたいとお考えの方
を対象に記事を書いていくつもりです。

内容はやや堅苦しくなりますが、おもしろおかしくしきたいと思っています。

メールはこちらからお願いします。

littleic
過去記事
リンク
新着ブログ
■相互リンク「大」募集中■
あなたのブログをリンクさせてください!
★相互リンク依頼★

あおぞら六法サンプル申し込み
ケータイ用法令集、
あおぞら六法!
無料サンプルあります!


無料サンプルのお申し込み
現在、憲法・民法をお試し頂けます。

名前:
メール:
受験中の資格:
コメント:


こんな感じです。
review1.jpg review2.jpg
review3.jpg review4.jpg
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブログランキングです!
スポンサー





1万円購入で1,000円分のポイントバック!
プロフィール

Author:littleic
ようこそ、弁理士のlittleicです。

プロフィール
メールはこちらまで


↓m(_ _)m
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。