Ferretアクセス解析
_
お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文試験における法的三段論法について (弁理士試験)

法的三段論法」というのを知っていますか?

結論から言うと、
弁理士試験においては、必ずしも法的三段論法に沿って
論文を書く必要はなかったように思います。

法的三段論法とは、
(調べれば出てくるので敢えて書く必要はないかもしれませんが)
①大前提である法規を
②小前提である具体的事実にあてはめて
③結論である法律効果を導く
という方法です。

この法的三段論法に従って論文を書くと、
①特許法○条ではA、B、Cという要件が定められている。
②△は□を◇しており、これはA、B、Cという要件を満たす。
③法律効果が発生する。
となります。

が、これをきっちり書くと時間がかかります。
なので、多くの場合①をすっ飛ばして書いていました。

例えば、先使用権(特許法79条)の場合、

②Aは特許出願Bに係る発明Xの内容を知らないでその発明Xをし、
 特許出願Bの際である○年○月に
 日本国内においてその発明Xの実施である事業の準備をしている。
③よって、Aはその準備をしている発明X及び事業の目的の範囲内において、
 特許出願Bに係る特許権について通常実施権を有する(特許法79条)。

とあっさりあてはめるわけです。

そしてその法律の趣旨を、簡単に、1、2行で書きます。

これによって、書くためにペンを動かす時間を少しでも短縮させつつ、
法律の趣旨を理解していることをアピールします。

1年程度で合格した私の友人も同様の方法を取っていたので、
この方法は当を得ているのだと信じています。

受験生の方の参考になれば幸いです。

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

論文作成時の基本中の基本

09/06/12 短答試験の結果が発表されましたね。 予想外の結果に驚きました…詳しくは、編集後記で。 それでは、今回も論文試験対策をテ...

コメント

非公開コメント

過去記事
リンク
新着ブログ
■相互リンク「大」募集中■
あなたのブログをリンクさせてください!
★相互リンク依頼★

あおぞら六法サンプル申し込み
ケータイ用法令集、
あおぞら六法!
無料サンプルあります!


無料サンプルのお申し込み
現在、憲法・民法をお試し頂けます。

名前:
メール:
受験中の資格:
コメント:


こんな感じです。
review1.jpg review2.jpg
review3.jpg review4.jpg
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブログランキングです!
スポンサー





1万円購入で1,000円分のポイントバック!
プロフィール

littleic

Author:littleic
ようこそ、弁理士のlittleicです。

プロフィール
メールはこちらまで


↓m(_ _)m
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。