Ferretアクセス解析
_
お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弁理士試験:論文式試験の解答順

ご質問を頂きましたので、ここでご回答させて頂きます。
ご質問頂いた方、ありがとうございました。

質問:
-----------------------
弁理士論文試験の一つの問題の中に、
複数の問題枝((1)、(2)、(3))があり、
これらがそれぞれ独立しているとき、
(3)の問題が最も易しくて解きやすいときに、
(3)→(1)→(2)の順番に解答用紙に解答を記載して良いでしょうか?
-----------------------

独立小問形式の問題で、
後ろの方の問題が簡単なので、
時間切れになった場合を考慮して
後ろの問題を先にやりたいことってありますね。

この場合、(3)を先に解答してよいのでしょうか。


明確な答えはないように思いますが、
以下、私見で述べさせて頂きます。

論文式試験というのは、
受験者が与えられた問題に対する解答を書き、
採点者が採点して合否を判定する試験です。

試験で最も大切なのは、
問われている事項に対して正しく解答することですが、
合否を判定するのは採点者ですから、
採点者の立場に立って考えると分かることがあります。

今回の事例の場合、
問題では(1)(2)(3)となっているのに対して、
(3)(1)(2)という順序で解答すると、
採点者はどう思うでしょうか。

(一般的な)人の良い採点者であれば、
特に問題なく(3)についても採点してくれるでしょう。

しかし、採点者は必ずしも人の良い人とは限りません。
意地悪な採点者も中にはいるはずです。

そのような採点者に当たってしまうと、
「問題に沿った回答になってない」とか
「簡単な問題から解きやがって、(1)(2)については自信がないのか」とか
「採点しづらいから原点」とか、
不利に働く可能性があるのではないかと思います。

ですので、
問題には順に解答していくことをお薦め致します。


■総論:

今回のご質問に限らず、
解答方法について「これってどうなの」と思うことってあると思います。

その際には、
できるだけ減点の対象になり得ない方向で
解答することをお薦めします。

採点者がどう考えるかなんて分からないです。
例えば解答用紙の最後に「以上」と記載してなかったから不合格、
なんてことも、可能性は低いにしろ
全くないとは言い切れないと思います。

ですので受験生のみなさまは、
できるだけ減点の対象になり得ない方向で
解答するよう心がけてください。

具体例としては、以下のような点は念のために気を付けてください。
・解答用紙の最後に「以上」と書く。
・解答用紙に空白行を設けない。
 特に2ページの最後に複数行の空白を設けて
 3ページに解答を続けるようなことをしない。
・誤字脱字をしないように心がける。
・読める字で解答する。

条文を引用するときに、
「特許法第36条第6項第1号」を
「36条6項1号」と書くのは(たぶん)問題ないと思います。


■短答模試:

先日も書きましたが、
LECでは短答式試験の直前模試の申し込みが始まってます。



上記ページ左側の「ジャンル」→「模試」
から「全国短答公開模試」が申し込めます。
「短答実力診断模試 」ではないのでお間違えなく。

「論文答練<完成編>」も受講したいところです。
短答式試験終了後でも大丈夫ですが、人数オーバーに注意ですね。


ちなみに私の場合、
短答の模試はLECとWセミナーのものを受験しました。
会場に行きやすかったので。

短答模試は、主に時間配分の練習のように考えればいいでしょう。

受験機関の問題は、変な問題が多いこともあるでしょうが、
他の受験生が正解する問題を正解できないと、
やはり合格は厳しいと思われます。

でも模試と本試験って全然雰囲気が違いますよね。

それについてはまた次の機会に。

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
過去記事
リンク
新着ブログ
■相互リンク「大」募集中■
あなたのブログをリンクさせてください!
★相互リンク依頼★

あおぞら六法サンプル申し込み
ケータイ用法令集、
あおぞら六法!
無料サンプルあります!


無料サンプルのお申し込み
現在、憲法・民法をお試し頂けます。

名前:
メール:
受験中の資格:
コメント:


こんな感じです。
review1.jpg review2.jpg
review3.jpg review4.jpg
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブログランキングです!
スポンサー





1万円購入で1,000円分のポイントバック!
プロフィール

Author:littleic
ようこそ、弁理士のlittleicです。

プロフィール
メールはこちらまで


↓m(_ _)m
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。